m3.com トップ>医療維新>医師調査|『「50歳以...>医師配置への「一定の強制力」、若手と50歳以上で認識に差◆Vol.17

医師配置への「一定の強制力」、若手と50歳以上で認識に差◆Vol.17

へき地勤務、4割弱が「待遇が良ければ赴任」

2017年1月9日 高橋直純(m3.com編集部)


Q診療科や地域による医師偏在を解消するため、行政や公的機関が「一定の強制力」を発揮する必要性について、どうお考えですか。地域や診療科の偏在を解消するために、医師の配置に一定の強制力を行使することが必要か――。厚生労働省の「医師需給分科会」や「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」などでも、議論の俎上に上がるようになった。50歳以上の医師では「必要」は8%、「ある程度必要」は43%で、計51%が必要性を感じていた。一方で、35歳以下の若手医師では「必要」が14%、「ある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事