m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「薬価制度の抜本改革、メーカーの成長戦略か」と疑念

「薬価制度の抜本改革、メーカーの成長戦略か」と疑念

中川日医副会長、「中医協の自主性低下」も危惧

2016年12月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会薬価専門部会(部会長:西村万里子・明治学院大学法学部教授)は12月21日、「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」を議論した(資料は、厚生労働省のホームページ)。同基本方針は、薬価調査を毎年実施し、価格乖離が大きい品目について、薬価改定を行うことが骨子で、前日20日に開かれた塩崎恭久厚労相ら4大臣会合で合意していた(内容は、薬価制度の抜本改革案、明らかに、4大臣会合へ』を参照)。日本医師会副会長の中川俊男氏は、基本方針に対し、「改めて読むと、非常に大きな問題がある。薬価改定財...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

「支払い意思額」の調査票案に異論続出 2017/7/13

中医協の診療側委員、日医役員2人が就任あいさつ 2017/7/12

レセプト様式、請求事務等「ゼロベースで見直し」 2017/7/12

「画像提供」や「予防投与」など、選定療養の追加要望 2017/7/5

DPC、「3群制」は維持、名称変更で賛否分かれる 2017/7/5

価格調整「頻回改定」に疑問符 2017/7/5

「世界に冠たる日本の医療、支えるのは中医協」松原日医副会長 2017/7/5

「医療政策が権力構造におもねる懸念」中川日医副会長 2017/7/5

2016年度改定検証、5つの調査票案を承認 2017/6/29

医療機器2点の保険適用を承認 2017/6/29

費用対効果評価、まずは「価格調整」に限定 2017/6/29

「先発、長期収載、後発、AG」薬の定義、明確化が必要 2017/6/28

原価計算方式のイノベーション評価、見直しへ 2017/6/28

20対1療養病棟の理由、「医療需要あり」42.9% 2017/6/15

新薬創出等加算、「企業と品目」限定を 2017/6/14

「健康で1年間生存」、受諾できる保険負担は? 2017/6/14

地域包括ケア病棟、「急性期の受け皿」が7割 2017/6/14

7対1入院基本料、98.0%は「変更せず」 2017/6/14

精神入院患者の3割、向精神薬の処方数減少 2017/6/1

在宅緩和ケア充実加算、届出は10%強 2017/6/1