m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>2018年度改定、「3ラウンド」に分け議論

2018年度改定、「3ラウンド」に分け議論

厚労省、主な検討項目とスケジュール提示

2016年12月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は12月21日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)に対し、2018年度診療報酬改定に向けて、主な検討項目と今後の検討スケジュールを提示した(資料は、厚労省のホームページ)。主な検討項目は、過去数回の改定でも柱となった、入院や外来、在宅医療の機能分化と地域包括ケアシステムの構築に加え、介護報酬との同時改定を見据え、「医療と介護の連携」を加えたほか、政府レベルでの重要課題となっている薬価制度の抜本改革、次世代の医療を担うイノベーションの推進の観...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

在宅医療、ICTで“代用”は可能か? 2017/1/12

「効能追加で薬価検討」こそ抜本改革、中川日医副会長 2017/1/11

不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を 2016/12/23

2018年度改定、「3ラウンド」に分け議論 2016/12/21

「薬価制度の抜本改革、メーカーの成長戦略か」と疑念 2016/12/21

2018年度医療介護の同時改定、「キックオフ」 2016/12/15

オプジーボ、「最適使用推進ガイドライン」(案)公表 2016/12/14

「断固反対」、薬価の毎年改定、製薬団体 2016/12/9

薬価制度の抜本改革、議論スタート 2016/11/30

オプジーボ、来年2月から50%引き下げへ 2016/11/16

薬価、10万円ダウンでも問題なし? 2016/11/9

地域包括診療加算の届出、2015年は約1800減 2016/10/20

「患者申出療養の趣旨から逸脱」、中川日医副会長 2016/10/19

中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」 2016/10/19

オプジーボの「緊急的な対応」、薬価専門部会で合意 2016/10/5

後発薬の促進策検証、インターネット患者調査を導入 2016/9/28

デパスやアモバンなど「投薬上限は30日」 2016/9/28

ソバルディとハーボニー、2015年度の医療費増の主要因 2016/9/28

オプジーボ、「緊急的な対応」で薬価引き下げか 2016/9/14

「同種同効なら低薬価品」、厚労省が留意事項通知 2016/8/24