m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「2016年の仕事、自己評価は何点?」【番外編】

「2016年の仕事、自己評価は何点?」【番外編】

年を経るごとに、直言を言うのがためらわれる

2016年12月25日 m3.com編集部


Q2:今年ご自身の仕事においてうれしかった、または最も良い仕事をしたと思うエピソードを教えてください。調査の結果記事はこちら→今年1年の自己採点「80点以上」が28%・足壊疽を患っていた、末期糖尿病の患者さんが足切断をいよいよ行わないといけないことになり、ストレートに話したら、患者さんの娘から「先生よくそんな簡単にいいますね」とかなりきついお叱りを受けました。医学的な状況は変わらず、結局切断をしましたが、体力は回復せずに、そのまま御看取りになりました。切断しても結局寿命は延びなかったと思われたの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

主賓挨拶、ご祝儀の相場…結婚式の悩み 2017/6/23

受動喫煙ゼロ、望む声多く 2017/6/17

医師、理想の結婚年齢とその理由 2017/6/17

イベント・飲み会は職場でのコミュニケーション改善に効果的か 2017/6/16

改正個人情報保護法、詳細把握はごく少数 2017/6/11

ジム通い、ゴルフ、音楽鑑賞、ストレス発散方法 2017/6/10

遠隔診療拡充、半数が「どちらとも言えない」 2017/6/4

いじめや無視、ハラスメント「現在ある」全体の2割超え 2017/6/3

職場でのストレス要因「仕事ができない部下、話が通じない上司や同僚」 2017/5/28

「当直やオンコール体制」がトップ 2017/5/27

「(御)侍史」「(御)机下」50%超が高頻度で使用 2017/5/20

病医院のセキュリティチェック、半数超が「すべき」 2017/5/20

新卒職員「自分の頭で考えない」が最多 2017/5/16

もし中学生なら?半数が成りたい職業に「医師」 2017/5/15

海外での研究経験、半数強が肯定的 2017/5/15

母の日のあたたかい思い出、そして後悔 2017/5/14

研修医へのサポート、半数が「必要」 2017/5/13

医者の不養生「病気を治してから治療に当たってください」 2017/4/29

研修・研究機会の担保、高給、期間限定…… 2017/4/25

「へき地勤務、多忙を極め、体調を崩しかけた」 2017/4/25