m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を

不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を

指導・監査めぐり支払側が要望、診療側は反発

2016年12月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、2015年度の保険医療機関等の指導・監査等の実施状況を、12月21日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で報告したところ、保険者側から、取消処分などの結果だけでなく、情報提供した事例についてはその途中経過も開示するよう求める声が上がった。しかし、診療側は情報提供した事例であっても、必ずしも不正・不当に当たるとは限らず、途中経過の公表で誤った悪評が広がる懸念があることから、開示には反対した。2015年度の実施状況は、個別指導の保険医療機関...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

医療療養「25対1」、2018年度以降も経過措置検討 2017/4/26

後発薬の薬価、2018年度改定に向け3つの論点 2017/4/26

医療、介護連携、「ICTカンファレンス」提案 2017/4/19

脳卒中・運動器の維持期リハ、焦点は介護保険移行 2017/4/19

「“複数医師”の訪問診療」「在支診以外」を評価 2017/4/13

「原価計算方式、透明性が非常に低い」、中川日医副会長 2017/4/12

オプジーボ、腎細胞癌で最適使用推進GL 2017/4/12

院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き 2017/3/29

薬価調査「医療機関は対象外に」、中川日医副会長 2017/3/29

糖尿病重症化予防、外来報酬改定の柱に 2017/3/29

看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」 2017/3/22

薬価の「中間年」改定、対象品目はどう定義? 2017/3/16

7対1の要件厳格化、診療側と支払側で意見対立 2017/3/15

患者申出療養、「予定症例数」設定は必要か? 2017/3/15

レパーサ、最適使用推進GLと留意事項通知 2017/3/15

類似薬効比較方式、「比較薬と外国平均価格調整に問題」 2017/2/23

かかりつけ医は1人?複数?登録制? 2017/2/22

一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査 2017/2/22

薬価の「中間年」の調査、本調査とは別 2017/2/9

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ 2017/2/8