m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を

不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を

指導・監査めぐり支払側が要望、診療側は反発

2016年12月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、2015年度の保険医療機関等の指導・監査等の実施状況を、12月21日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で報告したところ、保険者側から、取消処分などの結果だけでなく、情報提供した事例についてはその途中経過も開示するよう求める声が上がった。しかし、診療側は情報提供した事例であっても、必ずしも不正・不当に当たるとは限らず、途中経過の公表で誤った悪評が広がる懸念があることから、開示には反対した。2015年度の実施状況は、個別指導の保険医療機関...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

在宅医療、ICTで“代用”は可能か? 2017/1/12

「効能追加で薬価検討」こそ抜本改革、中川日医副会長 2017/1/11

不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を 2016/12/23

2018年度改定、「3ラウンド」に分け議論 2016/12/21

「薬価制度の抜本改革、メーカーの成長戦略か」と疑念 2016/12/21

2018年度医療介護の同時改定、「キックオフ」 2016/12/15

オプジーボ、「最適使用推進ガイドライン」(案)公表 2016/12/14

「断固反対」、薬価の毎年改定、製薬団体 2016/12/9

薬価制度の抜本改革、議論スタート 2016/11/30

オプジーボ、来年2月から50%引き下げへ 2016/11/16

薬価、10万円ダウンでも問題なし? 2016/11/9

地域包括診療加算の届出、2015年は約1800減 2016/10/20

「患者申出療養の趣旨から逸脱」、中川日医副会長 2016/10/19

中川日医副会長、「医師の処方権と薬剤師の調剤権、全く違う」 2016/10/19

オプジーボの「緊急的な対応」、薬価専門部会で合意 2016/10/5

後発薬の促進策検証、インターネット患者調査を導入 2016/9/28

デパスやアモバンなど「投薬上限は30日」 2016/9/28

ソバルディとハーボニー、2015年度の医療費増の主要因 2016/9/28

オプジーボ、「緊急的な対応」で薬価引き下げか 2016/9/14

「同種同効なら低薬価品」、厚労省が留意事項通知 2016/8/24