m3.com トップ>医療維新>レポート>卒然卒後教育のシームレス化を要望、医学部長病院長会議

卒然卒後教育のシームレス化を要望、医学部長病院長会議

京大は国試対策のために卒業試験を廃止

2016年12月27日 高橋直純(m3.com編集部)


全国医学部長病院長会議は12月26日の定例記者会見で、厚生労働省幹部に対して「医学部教育の卒然卒後のシームレス化」に関する説明を行ったことを報告した。卒前の臨床実習から卒後の臨床研修、専門医研修までをシームレス化することで短期的に1万6000-2万4000人の医師を現在より2-3年早く配置できるようになるという提案で、11月11日に塩崎恭久厚労相(『「医師1万6000人の実質増員策」、塩崎厚労相に提案』)、11月22日に神田裕二医政局にそれぞれ説明した。提案は2年間の初期臨床研修の内容の一部を卒...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「医療構想が具体化、大事な年」塩崎大臣 2017/1/15

支払基金、「業務集団から頭脳集団へ」、データヘルス検討会 2017/1/13

在宅医療、「エビデンスと医療連携」が重点分野 2017/1/12

医療研究の内閣総理大臣賞創設を要望、横倉会長 2017/1/12

急性期病院が手掛ける「在宅」とは◆Vol.1 2017/1/9

卒然卒後教育のシームレス化を要望、医学部長病院長会議 2016/12/27

レセプト審査、「コンピュータチェックルール公開を」 2016/12/26

病院経営、全国上位50法人のうち19法人が最終赤字 2016/12/25

保険医療制度、“焼野原”にするな 2016/12/24

医療のICT化に重点、2017年度厚労省予算 2016/12/22

横倉会長「積み残しなくなった」、2017年度予算を評価 2016/12/22

「全員加盟の医師の団体」の是非を議論、日医 2016/12/22

手術試案、大幅改訂で「第9版」、来秋作成 2016/12/13

介護療養病床、「3つの新類型」に転換 2016/12/10

第7次医療計画の基本方針、「意見とりまとめ」 2016/12/7

改正個人情報保護法、「医学研究を妨げず」 2016/11/30

第7次医療計画の基本方針、「意見とりまとめ」案を議論 2016/11/24

柔整問題「帰り道、何度も後ろ振り返った」、厚労省検討会委員 2016/11/21

「医学部の暫定定員増、政府方針に」医学部長会議が要望 2016/11/18

地域連携、腫瘍などに力点、新たな医学教育コアカリキュラム 2016/11/17