m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>男性医師の勾留中死亡、奈良地裁、遺族の請求棄却

男性医師の勾留中死亡、奈良地裁、遺族の請求棄却

警察の暴行の有無は言及せず、「公平な訴訟指揮と思えず」

2016年12月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


奈良地裁(木太伸広裁判長)は12月27日、奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が、奈良県桜井警察署に勾留中の2010年2月、呼吸停止になり搬送先病院で死亡した事件で、奈良県を訴えた遺族の請求を棄却した。遺族は、勾留中の留置業務管理者である奈良県に過失があるとし、9682万5418円の損害賠償を求めていた。代理人弁護士の小泉哲二氏は、「公平な訴訟指揮とは、とても思えない」と問題視、2017年1月4日までに控訴する方針。遺族は、「男性医師は急性腎不全に起因する多臓器不全によって死亡し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事