m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】

市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】

火曜日、金曜日に更新

2017年1月3日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]病院長が病院の管理責任者を降ろされ、ただの医療部門のトップになる。――それって要するに、経営は市、医療は大学医局、と二分されてきた棲み分けが崩れるということだ。バトラー病院が医師たちの手から行政の手に渡るということではないか?飯島は医療の質を云々し、伊藤事務長の専横を非難していたはずなのに、なんでこんなひどい事態に反発の声を挙げないのか?なぜ強く抗議しないのか?問いただした健太朗に、飯島は自らも得心出来ない部分があったのか、頬を紅潮させながら応えた。「言ったさ。院長に言うだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

離合集散は人の世の習い【連載小説「朔風」第52回】 2017/4/28

「市議たちは応援団になってもらわねば」【連載小説「朔風」第51回】 2017/4/25

「先生に寄せる信頼が雲散霧消しますよ」【連載小説「朔風」第50回】 2017/4/21

押しかけてきた議員たち【連載小説「朔風」第49回】 2017/4/18

民営化話で動揺する市職員【連載小説「朔風」第48回】 2017/4/14

コンビニ感覚の患者で過重労働を強いられている【連載小説「朔風」第47回】 2017/4/11

病院改善委員会での議論【連載小説「朔風」第46回】 2017/4/7

横紙破りの議員【連載小説「朔風」第45回】 2017/4/4

夜間救急でのトラブル【連載小説「朔風」第44回】 2017/3/31

ロマンの人【連載小説「朔風」第43回】 2017/3/28

「恋愛ごっこをするためなんかじゃない」【連載小説「朔風」第42回】 2017/3/24

津山医師のどこか幼児的な行動【連載小説「朔風」第41回】 2017/3/21

「ダメですよ。人の恋路を邪魔しちゃ」【連載小説「朔風」第40回】 2017/3/17

「ドクターだけの飲みと思ったんだけど」【連載小説「朔風」第39回】 2017/3/14

吉川の美貌が混乱させたことは確かだった【連載小説「朔風」第38回】 2017/3/10

微妙なバランスの掛け替えのない関係【連載小説「朔風」第37回】 2017/3/7

「だが、患者は戻らなかった」【連載小説「朔風」第36回】 2017/3/3

「どこかの女優さんかしら?」【連載小説「朔風」第35回】 2017/2/28

“跳ねっ返り”のお嬢さん【連載小説「朔風」第34回】 2017/2/24

次にやってきたのは待望の医師だった【連載小説「朔風」第33回】 2017/2/21