m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

火曜日、金曜日に更新

2017年1月6日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]北斗医大病院は富産別市議会でのバトラー病院予算案に関する紛糾を受けて、以下のように市側に通達してきた。《これは明瞭な「病院潰し」である。市がかかる貸付という予算措置で赤字を放置し続けるならば、早晩バトラー記念富産別市立病院が経営的に立ち行かなくなるのは、明らかである。バトラー病院は地域医療を担うという使命を持っているが、その使命は市の積極的な財政支援によって、全うされると考える。もし、市側がこの威嚇的な予算措置を変えないならば、北斗医科大学としては今後、医師の派遣を含めたバ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

“跳ねっ返り”のお嬢さん【連載小説「朔風」第34回】 2017/2/24

次にやってきたのは待望の医師だった【連載小説「朔風」第33回】 2017/2/21

私たちを囲む戦況は非常に好ましくない【連載小説「朔風」第32回】 2017/2/17

「お願いしたいのは、規律と自己犠牲です」【連載小説「朔風」第31回】 2017/2/14

新院長のあいさつ【連載小説「朔風」第30回】 2017/2/10

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】 2017/2/7

病院長の経営感覚【連載小説「朔風」第28回】 2017/2/3

「いい先生からいなくなっちゃいますね」【連載小説「朔風」第27回】 2017/1/31

「お前はまだ知らないんだよ、住民の手前勝手さを」【連載小説「朔風」第26回】 2017/1/27

「自分を過酷な環境に置いてみたいっていう奇特な人」【連載小説「朔風」第25回】 2017/1/24

酒席での予期せぬ話【連載小説「朔風」第24回】 2017/1/20

大学医局からの医師の引き揚げ【連載小説「朔風」第23回】 2017/1/17

辞任を申し出た病院長【連載小説「朔風」第22回】 2017/1/13

市長派と反市長派の対立【連載小説「朔風」第21回】 2017/1/10

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】 2017/1/6

市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】 2017/1/3

市と大学医局の関係【連載小説「朔風」第18回】 2016/12/30

無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】 2016/12/27

私たちの気持ちはずっと以前に離れていた【連載小説「朔風」16回】 2016/12/23

教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】 2016/12/20