m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

火曜日、金曜日に更新

2017年1月6日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]北斗医大病院は富産別市議会でのバトラー病院予算案に関する紛糾を受けて、以下のように市側に通達してきた。《これは明瞭な「病院潰し」である。市がかかる貸付という予算措置で赤字を放置し続けるならば、早晩バトラー記念富産別市立病院が経営的に立ち行かなくなるのは、明らかである。バトラー病院は地域医療を担うという使命を持っているが、その使命は市の積極的な財政支援によって、全うされると考える。もし、市側がこの威嚇的な予算措置を変えないならば、北斗医科大学としては今後、医師の派遣を含めたバ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

大学医局からの医師の引き揚げ【連載小説「朔風」第23回】 2017/1/17

辞任を申し出た病院長【連載小説「朔風」第22回】 2017/1/13

市長派と反市長派の対立【連載小説「朔風」第21回】 2017/1/10

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】 2017/1/6

市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】 2017/1/3

市と大学医局の関係【連載小説「朔風」第18回】 2016/12/30

無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】 2016/12/27

私たちの気持ちはずっと以前に離れていた【連載小説「朔風」16回】 2016/12/23

教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】 2016/12/20

患者は月曜日の昼過ぎに亡くなった【連載小説「朔風」第14回】 2016/12/16

ケチのつきはじめ【連載小説「朔風」第13回】 2016/12/13

妻を避け、家庭を避けて、病院の業務に励んだ【連載小説「朔風」第12回】 2016/12/9

押し切られたような学生結婚【連載小説「朔風」第11回】 2016/12/6

働きすぎるほど働いていたかつての自分【連載小説「朔風」第10回】 2016/12/2

地付きのナースとしての弁解【連載小説「朔風」第9回】 2016/11/29

眸が涼やかな地付きの美人【連載小説「朔風」第8回】 2016/11/25

押し寄せる波が鈍色に砕ける【連載小説「朔風」第7回】 2016/11/22

院長給与引き下げの裏側【連載小説「朔風」第6回】 2016/11/18

「職員の給与体系見直しが急務だからなんです」【連載小説「朔風」第5回】 2016/11/15

恬淡とした院長、やり手の事務長【連載小説「朔風」第4回】 2016/11/11