m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】

火曜日、金曜日に更新

2017年1月6日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]北斗医大病院は富産別市議会でのバトラー病院予算案に関する紛糾を受けて、以下のように市側に通達してきた。《これは明瞭な「病院潰し」である。市がかかる貸付という予算措置で赤字を放置し続けるならば、早晩バトラー記念富産別市立病院が経営的に立ち行かなくなるのは、明らかである。バトラー病院は地域医療を担うという使命を持っているが、その使命は市の積極的な財政支援によって、全うされると考える。もし、市側がこの威嚇的な予算措置を変えないならば、北斗医科大学としては今後、医師の派遣を含めたバ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

院長の遺言【連載小説「朔風」第118回】 2017/12/15

それから1年2カ月後【連載小説「朔風」第117回】 2017/12/12

会話はほとんど弾まなかった【連載小説「朔風」第116回】 2017/12/8

「ずっと傍にいるから」【連載小説「朔風」第115回】 2017/12/5

二人の関係【連載小説「朔風」第114回】 2017/12/1

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第113回】 2017/11/28

「やって来るのが遅すぎます!」【連載小説「朔風」第112回】 2017/11/24

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】 2017/11/21

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10