m3.com トップ>医療維新>レポート>急性期病院が手掛ける「在宅」とは◆Vol.1

急性期病院が手掛ける「在宅」とは◆Vol.1

沖縄県立中部病院の高山医師、訪問診療に同行

2017年1月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


「急性期病院こそ、在宅ケアとの連携を深めるべき」。こう強調するのは、沖縄県立中部病院の感染症内科と地域ケア科に籍を置き、外来と入院診療の傍ら、在宅医療にも取り組む高山義浩氏。昨秋、『地域医療の暮らしのゆくえ―超高齢社会をともに生きる―』(医学書院)を上梓した。自身の臨床経験に加え、厚生労働省に医系技官として2回勤務した異色のキャリアで培った知見を踏まえ、多数の事例を盛り込みつつ、地域医療が直面する課題の解決策のヒントを綴った書だ。第1回は、高山氏の訪問診療の同行ルポ、第2回と第3回では、本書を上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「薬価の毎年改定、対象薬は限定を」、畑中製薬協会長 2017/1/17

「医療構想が具体化、大事な年」塩崎大臣 2017/1/15

支払基金、「業務集団から頭脳集団へ」、データヘルス検討会 2017/1/13

在宅医療、「エビデンスと医療連携」が重点分野 2017/1/12

医療研究の内閣総理大臣賞創設を要望、横倉会長 2017/1/12

急性期病院が手掛ける「在宅」とは◆Vol.1 2017/1/9

卒然卒後教育のシームレス化を要望、医学部長病院長会議 2016/12/27

レセプト審査、「コンピュータチェックルール公開を」 2016/12/26

病院経営、全国上位50法人のうち19法人が最終赤字 2016/12/25

保険医療制度、“焼野原”にするな 2016/12/24

医療のICT化に重点、2017年度厚労省予算 2016/12/22

横倉会長「積み残しなくなった」、2017年度予算を評価 2016/12/22

「全員加盟の医師の団体」の是非を議論、日医 2016/12/22

手術試案、大幅改訂で「第9版」、来秋作成 2016/12/13

介護療養病床、「3つの新類型」に転換 2016/12/10

第7次医療計画の基本方針、「意見とりまとめ」 2016/12/7

改正個人情報保護法、「医学研究を妨げず」 2016/11/30

第7次医療計画の基本方針、「意見とりまとめ」案を議論 2016/11/24

柔整問題「帰り道、何度も後ろ振り返った」、厚労省検討会委員 2016/11/21

「医学部の暫定定員増、政府方針に」医学部長会議が要望 2016/11/18