m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>うつ病を診断支援、“精神科薬の危機”も救う

うつ病を診断支援、“精神科薬の危機”も救う

慶應大精神神経科・岸本氏、「PROMPT」で7社と共同研究

2017年1月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


技術革新が進む代表例が、AI(人工知能)。医療も例外ではない。厚生労働省は2016年末、「Aiを用いた診療支援技術を確立し、2020年度までの実装を目指す」との目標を掲げ、政府の「未来投資会議」に提出した。医療は「ビックデータの宝庫」とも言われ、AIの活用が期待される分野。現時点でどんな研究が進みつつあり、医療はどう発展し得るのか、AI活用の問題点や限界は何か……。シリーズで、お届けする。治療開始の判断が医師によって異なり、治療開始のタイミングが不明確……。現在の治療が効いているのか、薬剤を変更...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事