m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>精度85%で自殺リスク分析、スペインの病院で実証

精度85%で自殺リスク分析、スペインの病院で実証

富士通、診断時間も半減、日本でも人工知能研究センター

2017年1月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


「精神科領域は他の領域とは異なり、診断法そのものが確立しているとは言えず、また医師による診断のバラツキがあり、標準化したいというのが、サン・カルロス医療病院が、精神科領域に人工知能(AI)の導入を検討した理由の一つだった」こう語るのは、FujitsuLaboratoriesofEurope」(以下、FLE)のデータ分析リサーチ部門のマネジャーを務めていた、伊豆哲也氏だ(現在は、日本勤務)。FLEとFujitsuSpain(以下、富士通スペイン)はこのほど、精神科領域における医師の意思決定プロセス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事