m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>医療情報は“宝の山”、有効活用するカギは?

医療情報は“宝の山”、有効活用するカギは?

済生会熊本病院院長・副島氏、次世代カルテ開発

2017年1月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


脳梗塞患者の平均入院期間は8日。この期間で退院できるか否かを最も左右する因子は何か……。ベテランの臨床医でも容易には解答を見い出せないこの質問に、答えを出す際に活用したのが、済生会熊本病院(熊本市)が、2015年度から導入している「NECV」と呼ぶ電子カルテだ。同病院の患者データを基にした分析結果は、「入院4日目の意識状態」。「入院時点での意識レベルかと思ったが、入院当初は何らかの合併症が起きやすく、不確定な要因がある。4日経った時点でのJCS(ジャパン・コーマ・スケール)を評価すれば、その後の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事