m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>医師国試、合格目前!1、2年後には“医師”?

医師国試、合格目前!1、2年後には“医師”?

慶應大理工学部・榊原氏、夢は「全国どこでも慶應病院」

2017年2月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


医師国試合格に必要とされる正答率(過去10年間の平均)は66.6%、“医師国試ロボ”の正答率は55.6%!慶應大学理工学部生命情報学科教授の榊原康文氏が開発を進めているのが「医師国家試験を自動解答するプログラム」(本文では、以下、“医師国試ロボ”と略)。「現役合格」には至らなかったが、徐々に合格率は向上し、医師国試の合格は目前だ。“医師国試ロボ”が解くのは、医師国試問題のうち、症例を提示、複数の選択肢の中から病名を解答する設問形式の「臨床診断問題」。いまだ平均正答率には達していないが、問題を解く...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事