m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>もう搬送先を迷わない!「Cloud ER」実証研究

もう搬送先を迷わない!「Cloud ER」実証研究

慈恵医大など4団体、AIが搬送の要否や搬送先を「判断」

2017年2月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


「正しい問診(トリアージ)により、救命率が向上する」この考えの下、東京慈恵会医科大学脳神経外科の高尾洋之氏らが開発を進めているのが、「急性期IoTリストバンド型ウェアラブルデバイスクラウドスマホアプリシステム医療機器開発研究」、通称「CloudER」だ。救急搬送の現場では、脳卒中なのか、急性心筋梗塞なのか、どの程度重症なのか、どこに搬送すべきか、病院側はどんな受入準備をすればいいのか……。年々、救急搬送件数が増加する中、これら直面する諸問題を的確に解決するツールとして期待されるのが、「Cloud...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事