m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>「14の医師偏在対策、議論深化を」、今村日医副会長

「14の医師偏在対策、議論深化を」、今村日医副会長

日医、行政、現場の医師、計5人にヒアリング

2017年1月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)の第8回会議が1月16日に開かれ、日本医師会副会長の今村聡氏は、急ぐべき課題は医師の偏在対策であり、厚労省の「医療従事者の需給に関する検討会」の中間とりまとめが示す14項目の対策を深めるための議論を行うべきと主張した。同会議では、今村氏のほか、青森県、現場の3人の医師へのヒアリングを実施。1月26日の次回会議でも、日本看護協会など職能団体と現場の医師...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事