m3.com トップ>医療維新>オピニオン>医療事故調査・支援センター、今すぐにできること

医療事故調査・支援センター、今すぐにできること

偶発症に関する情報共有の『場』充実、学会に勧告を

2017年1月22日 中島恒夫(一般社団法人全国医師連盟代表理事)


第6次改正医療法に基づいた新しい医療事故調査制度が運用されて1年以上経過した。これまで検討されていた医療事故調査制度は、「処分・懲罰」につながる「責任追及」や「補償」を目的としていたが、新しい医療事故調査制度は、将来に向けて次なる医療事故被害者を生み出さないという「学習」に目的が転換した。遅ればせながら、他の分野の事故調査制度と同程度の事故調査制度が、ようやく整ったばかりである。医療事故も他の事故と同様に、さまざまなエラーが重なり合ってしまった「システム・エラー」の結末として表出する。何か一つの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事