m3.com トップ>医療維新>インタビュー>総合診療専門医、学会の関与限定的で不安も-草場鉄周・北海道家庭医療学センター長に聞く◆Vol.2

総合診療専門医、学会の関与限定的で不安も-草場鉄周・北海道家庭医療学センター長に聞く◆Vol.2

開設20周年を迎えた北海道家庭医療学センター

2017年2月7日 高橋直純(m3.com編集部)


[連載第1回はこちら]――家庭医の養成状況についてお聞きします。これまでに45人の日本プライマリ・ケア連合学会認定の家庭医療専門医が巣立って行きました。2017年4月からの後期研修は、定員6人のところ5人が加わる予定です。もともと定員4人でやっており、ちょっとずつ増えています。4年間の研修プログラムのうち、2年間は帯広協会病院での研修となります。2016年から提携が始まり、現在は総合診療科に医師7人を出向させています。そこでは、病院の中であっても家庭医療専門医の資格を持つ指導医が、総合診療医とし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「働き方改革」医師固有の事情を考慮-鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.3 2017/8/23

「医師は労働者」、共通認識で議論を-岡崎淳一・厚労省働き方改革担当参与に聞く 2017/8/21

ADLが低下したまま入院患者を帰すのか―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.3 2017/8/21

“高齢県”、課題は地域医療構想への対応-森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.1 2017/8/20

新専門医制度、「2年延期は問題」-門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.2 2017/8/18

仕組み作り「首長と地区医師会から始めるべき」―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol... 2017/8/17

「二人の親の背中」を見て会長に-松井道宣・京都府医師会会長に聞く◆Vol.1 2017/8/17

「2025年問題」後の“引き戦”も視野に-鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.2 2017/8/16

新専門医制度、行方見えない不安-医学連インタビュー◆Vol.2 2017/8/13

「日本医学会と日本医学会連合、併存の訳」-門田守人・日本医学会会長に聞く◆Vol.1 2017/8/13

医学生の声、吸い上げる役割ー医学連インタビュー◆Vol.1 2017/8/12

2018年度改定、「悪くならないよう注視」-中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.4 2017/8/11

地域包括ケア、「概念自体が深化・進化」―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.1 2017/8/9

医療行政が直面する「三つの境」越える-鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.1 2017/8/8

「診療報酬の抜本改革」は無理-中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.3 2017/8/6

最重要課題は「医師の働き方改革」-猪口雄二・全日病会長に聞く◆Vol.4 2017/7/30

迫井課長「地域医療構想に寄り添う」は名言-中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2 2017/7/29

日医と協力、皆保険維持に努める責務-菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.2 2017/7/28

中医協委員、退任あいさつの真意-中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1 2017/7/25

地域医療構想、医師会独自データで対応-菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.1 2017/7/23