m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】

火曜日、金曜日に更新

2017年2月7日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]健太朗は頷いた。大島結美の言い方は一方的に聞こえもするが、彼には当たっているように思われた。実を言えば彼の抱く曽田院長に対するイメージも、彼女のものと非常に似たところがあったからだ。“君臨すれども統治せず”という言葉があるが、曽田院長の態度にはそんな、どこかの王様のような、鷹揚と言えば聞こえがいいが、はっきりと無責任なところがあった。というのも曽田は彼に与えられていたトップとしての地位を意識しながらも、何らリーダーとしての采配を振るわない。要は赤字という現状をただ追認するだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

それから1年2カ月後【連載小説「朔風」第117回】 2017/12/12

会話はほとんど弾まなかった【連載小説「朔風」第116回】 2017/12/8

「ずっと傍にいるから」【連載小説「朔風」第115回】 2017/12/5

二人の関係【連載小説「朔風」第114回】 2017/12/1

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第113回】 2017/11/28

「やって来るのが遅すぎます!」【連載小説「朔風」第112回】 2017/11/24

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】 2017/11/21

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6