m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】

火曜日、金曜日に更新

2017年2月7日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]健太朗は頷いた。大島結美の言い方は一方的に聞こえもするが、彼には当たっているように思われた。実を言えば彼の抱く曽田院長に対するイメージも、彼女のものと非常に似たところがあったからだ。“君臨すれども統治せず”という言葉があるが、曽田院長の態度にはそんな、どこかの王様のような、鷹揚と言えば聞こえがいいが、はっきりと無責任なところがあった。というのも曽田は彼に与えられていたトップとしての地位を意識しながらも、何らリーダーとしての采配を振るわない。要は赤字という現状をただ追認するだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

「どこかの女優さんかしら?」【連載小説「朔風」第35回】 2017/2/28

“跳ねっ返り”のお嬢さん【連載小説「朔風」第34回】 2017/2/24

次にやってきたのは待望の医師だった【連載小説「朔風」第33回】 2017/2/21

私たちを囲む戦況は非常に好ましくない【連載小説「朔風」第32回】 2017/2/17

「お願いしたいのは、規律と自己犠牲です」【連載小説「朔風」第31回】 2017/2/14

新院長のあいさつ【連載小説「朔風」第30回】 2017/2/10

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】 2017/2/7

病院長の経営感覚【連載小説「朔風」第28回】 2017/2/3

「いい先生からいなくなっちゃいますね」【連載小説「朔風」第27回】 2017/1/31

「お前はまだ知らないんだよ、住民の手前勝手さを」【連載小説「朔風」第26回】 2017/1/27

「自分を過酷な環境に置いてみたいっていう奇特な人」【連載小説「朔風」第25回】 2017/1/24

酒席での予期せぬ話【連載小説「朔風」第24回】 2017/1/20

大学医局からの医師の引き揚げ【連載小説「朔風」第23回】 2017/1/17

辞任を申し出た病院長【連載小説「朔風」第22回】 2017/1/13

市長派と反市長派の対立【連載小説「朔風」第21回】 2017/1/10

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】 2017/1/6

市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】 2017/1/3

市と大学医局の関係【連載小説「朔風」第18回】 2016/12/30

無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】 2016/12/27

私たちの気持ちはずっと以前に離れていた【連載小説「朔風」16回】 2016/12/23