m3.com トップ>医療維新>レポート>2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓

2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓

「登録症例数を設定」、1例目に続き疑問視する声

2017年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の患者申出療養評価会議(座長:福井次矢・聖路加国際病院院長)は、2月6日の第4回会議で、患者申出療養の2例目を承認した。大阪大学医学部附属病院が行う、心臓移植を前提としない「耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓による療法」(以下、本療養)で、適応は、心臓移植の適応になると判断される重症心疾患患者であるものの、心機能以外の理由により、心臓移植の基準を満たさない患者。1月23日に申請があり、6週間以内に告示する予定(資料は、厚労省のホームページ)。植込み後6カ月後の安全性評価が目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

地域医療支援病院、果たして必要か、議論本格化 2017/12/16

日病協、改定は「最低でも0.7%」を 2017/12/15

「女性医療職エンパワメント推進議員連盟」、加藤厚労相に決議文 2017/12/15

60.6%が専門医取得、総合内科専門医が急増 2017/12/15

邉見全自病会長、改定率「医療界は頑張った」 2017/12/14

リハビリでの医師の関与強化、介護報酬改定の議論が終結 2017/12/14

2018年度改定、診療報酬本体はプラス0.55% 2017/12/13

三師会が緊急要望「前回改定以上で」 2017/12/12

インフルワクチン不足「行政として責任を」、保団連 2017/12/8

保団連、診療報酬「抜本的引き上げ、改善必要」 2017/12/8

外保連試案、内視鏡を別項目として再編 2017/12/7

国民医療を守る議員の会、「プラス改定」の取り組み決議 2017/12/5

「医療費膨張の要因は薬剤費」、保団連 2017/11/30

「第三者評価の受審」、特定機能病院の承認要件にすべき? 2017/11/30

医療広告、「患者体験談」を禁止に、新ガイドライン 2017/11/30

日医横倉会長、診療報酬「1.4%以上プラスを」 2017/11/29

医療法人の病医院、経常利益率低下、日医がTKCデータ分析 2017/11/29

健保連「我々が皆保険を守る」、医療費適正化を決議 2017/11/28

「7対1」見直し案、消費税分どこへ 2017/11/27

「医療過誤への制裁要求、なくならず」、佐伯東大教授 2017/11/26