m3.com トップ>医療維新>レポート>2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓

2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓

「登録症例数を設定」、1例目に続き疑問視する声

2017年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の患者申出療養評価会議(座長:福井次矢・聖路加国際病院院長)は、2月6日の第4回会議で、患者申出療養の2例目を承認した。大阪大学医学部附属病院が行う、心臓移植を前提としない「耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓による療法」(以下、本療養)で、適応は、心臓移植の適応になると判断される重症心疾患患者であるものの、心機能以外の理由により、心臓移植の基準を満たさない患者。1月23日に申請があり、6週間以内に告示する予定(資料は、厚労省のホームページ)。植込み後6カ月後の安全性評価が目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」 2017/6/26

「医療者が手を取り、真剣な議論を」、日病・相澤新体制が船出 2017/6/24

四病協、「人生の最終段階」の医療検討委設置 2017/6/21

地域医療構想「大学病院は別枠で」 2017/6/20

42国立大学病院、消費税補填不足額、3年間で514億円 2017/6/20

「突然の報道に大変困惑」、野崎徳洲会病院 2017/6/19

「地域包括ケアしか選べない」、内閣官房・唐沢氏 2017/6/18

全日病、新会長に猪口雄二副会長が就任 2017/6/17

「心臓手術死亡率3倍」、報道は「残念」「非常識」 2017/6/17

不採算地区病院への支援拡大を検討、総務省審議会 2017/6/16

地域別医学部合格ランキング 2017/6/16

門田氏、日本医学会会長に就任、現職高久氏を破る 2017/6/15

「医師の過重労働改善に一石を」原告側 2017/6/10

年俸1700万円の医師、時間外手当の支払い求め上告審 2017/6/8

満場一致で「受動喫煙0%」、がん対策協議会(6月2日追記あり) 2017/6/2

医療の「賢明な選択」、国内外で機運高まる 2017/6/2

「葉たばこ農家を生薬栽培に」日医、概算要求要望 2017/6/1

「2016年の医療費伸び、ほぼ0%」、横倉会長 2017/6/1

ロボットとの交流で3割超が改善、介護現場 2017/5/31

がん治療、「臓器ではなく原因遺伝子で分類する時代に」 2017/5/31