m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1

院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1

2年間の係争で、和解金1300万円で和解

2017年2月11日 高橋直純(m3.com編集部)


卵巣がん摘出手術後に死亡した女性患者(死亡時40歳)の遺族が、容態急変後にCT検査をしていれば救命できたとして愛知県がんセンター中央病院(名古屋市)と主治医を相手に、約7500万円の損害賠償を求めた訴訟は、2016年12月26日、東京地裁で和解が成立した。病院側は当初からモニタリング体制に不備があったと認めており、争点になったのは検査をしていれば救命できたかどうかという点。遺族側、病院側の双方が専門医による意見書を提出したほか、愛知県がんセンターが事故後に設置した院内事故調査委員会の報告書も裁判...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事