m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2

「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2

報告書「婦人科医師の勤務状況、非常に過密」と指摘

2017年2月12日 高橋直純(m3.com編集部)


卵巣がん摘出手術後に死亡した女性患者(死亡時40歳)の遺族が、容態急変後にCT検査をしていれば救命できたとして愛知県がんセンター中央病院(名古屋市)と主治医を相手に、約7500万円の損害賠償を求めた訴訟(双方の主張と和解内容は『院内事故調報告書が裁判資料に、愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1』)。病院側が遺族に1300万円の和解金を支払うことで和解は成立したが、その過程では病院が設置した院内事故調査委員会の報告書と双方が依頼した専門家の意見書が重要な資料となったと見られる。事故調査報告書...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医療裁判の判決詳報に関する記事(一覧

過失相殺または素因減額すべきとは言えず-長崎地裁判決◆Vol.6 2019/9/23

平均仮眠3~6時間の当直業務は全体が労働時間-長崎地裁判決◆Vol.4 2019/9/13

宿日直55回、オンコール81回、8カ月間で-長崎地裁判決◆Vol.3 2019/9/8

時間外労働時間や安全配慮義務で対立-長崎地裁判決◆Vol.2 2019/9/5

33歳男性医師の過労死、1億6700万円の賠償命令-長崎地裁判決◆Vol.1 2019/9/2

診療契約解除の「やむを得ない事由」あり-静岡地裁判決◆Vol.5 2019/3/11

「診療継続求めた場面で拒否」は応召義務違反に当たらず-静岡地裁判決◆Vol.4 2019/3/7

渡航移植の事実、問診中に把握-静岡地裁判決◆Vol.3 2019/3/4

肺がん見落としで河北医療財団と杉並区を提訴、1609万円請求 2019/2/28

浜松医大「応召義務の適用場面でない」と主張-静岡地裁判決◆Vol.2 2019/2/8

渡航移植後の継続治療「拒否」は応召義務違反か-静岡地裁判決◆Vol.1 2019/2/5

麻酔濃度管理で「注意義務欠いていた」-東京地裁判決を詳報◆Vol.5 2018/10/1

鑑定人医師らの見解も不一致-東京地裁判決を詳報◆Vol.4-2 2018/9/30

証人医師らの見解は一致せず-東京地裁判決を詳報◆Vol.4-1 2018/9/29

同様の麻酔事故で指摘された教訓は-東京地裁判決を詳報◆Vol.3 2018/9/23

重症児の麻酔、適切なリスク管理とは-東京地裁判決を詳報◆Vol.2 2018/9/22

重症心疾患男児の心カテ検査時に過失か-東京地裁判決を詳報◆Vol.1 2018/9/19

時間外手当は273万円、同額の付加金も-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.5 2018/6/1

最高裁は「時間外手当、年俸に含まず」-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.4 2018/5/21

原審を踏襲、時間外手当は「年俸に含む」-一審~差戻し控訴審詳報◆Vol.3 2018/5/18