m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2

「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2

報告書「婦人科医師の勤務状況、非常に過密」と指摘

2017年2月12日 高橋直純(m3.com編集部)


卵巣がん摘出手術後に死亡した女性患者(死亡時40歳)の遺族が、容態急変後にCT検査をしていれば救命できたとして愛知県がんセンター中央病院(名古屋市)と主治医を相手に、約7500万円の損害賠償を求めた訴訟(双方の主張と和解内容は『院内事故調報告書が裁判資料に、愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1』)。病院側が遺族に1300万円の和解金を支払うことで和解は成立したが、その過程では病院が設置した院内事故調査委員会の報告書と双方が依頼した専門家の意見書が重要な資料となったと見られる。事故調査報告書...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事