m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>医師の偏在対策と負担軽減、カギは「ワークシェア」

医師の偏在対策と負担軽減、カギは「ワークシェア」

構成員4人プレゼン、PAの提言も、“強制配置”は反対

2017年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)は2月6日の第10回会議で、4人の構成員がプレゼンテーションを行い、自由討論を行った。共通していたのは、医師の負担軽減、へき地での医師確保などのためには、医師同士、あるいは医師と他職種との間でワークシェアリングする必要性だ。一方で、強制的な方法では、医師偏在は解消できないとの声が上がった。愛媛県で在宅医療を展開する医療法人ゆうの森理事長の永井康徳氏は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事