m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>「対面診療の原則」、“ICT診療”で代替可能?

「対面診療の原則」、“ICT診療”で代替可能?

在宅医療に続き、遠隔診療でも診療側と支払側の意見対立

2017年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は2月8日、2018年度診療報酬改定に向けて、外来医療についての議論をスタートした。厚生労働省が提示した資料の中で、委員の意見が分かれたのが、遠隔診療、ICTやAI(人工知能)等を活用した医療の在り方だ。その他、医薬分業や薬剤費用の増加の影響で、伸び率が高い調剤医療費については、問題視する声が相次ぎ、次期改定の焦点になるのは必至だ(資料は、厚労省のホームページ)。健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「ICTは、患者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

医療療養「25対1」、2018年度以降も経過措置検討 2017/4/26

後発薬の薬価、2018年度改定に向け3つの論点 2017/4/26

医療、介護連携、「ICTカンファレンス」提案 2017/4/19

脳卒中・運動器の維持期リハ、焦点は介護保険移行 2017/4/19

「“複数医師”の訪問診療」「在支診以外」を評価 2017/4/13

「原価計算方式、透明性が非常に低い」、中川日医副会長 2017/4/12

オプジーボ、腎細胞癌で最適使用推進GL 2017/4/12

院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き 2017/3/29

薬価調査「医療機関は対象外に」、中川日医副会長 2017/3/29

糖尿病重症化予防、外来報酬改定の柱に 2017/3/29

看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」 2017/3/22

薬価の「中間年」改定、対象品目はどう定義? 2017/3/16

7対1の要件厳格化、診療側と支払側で意見対立 2017/3/15

患者申出療養、「予定症例数」設定は必要か? 2017/3/15

レパーサ、最適使用推進GLと留意事項通知 2017/3/15

類似薬効比較方式、「比較薬と外国平均価格調整に問題」 2017/2/23

かかりつけ医は1人?複数?登録制? 2017/2/22

一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査 2017/2/22

薬価の「中間年」の調査、本調査とは別 2017/2/9

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ 2017/2/8