m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

今夏目途に一定の結論、新規収載薬も対象

2017年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は2月8日、2018年度診療報酬改定において、これまでの試行的導入の検討結果を踏まえ、既収載品に加えて、新規収載の医薬品、医療機器も含めて、費用対効果評価を活用した制度化の検討を進めることを了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。今夏を目途に一定の結論を得て、薬価専門部会と保険医療材料専門部会において、費用対効果評価を薬価や材料価格にどのように反映させるかを検討するスケジュールを予定。費用対効果評...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き 2017/3/29

薬価調査「医療機関は対象外に」、中川日医副会長 2017/3/29

糖尿病重症化予防、外来報酬改定の柱に 2017/3/29

看取りの問題「意思に反した搬送・救命措置等」 2017/3/22

薬価の「中間年」改定、対象品目はどう定義? 2017/3/16

7対1の要件厳格化、診療側と支払側で意見対立 2017/3/15

患者申出療養、「予定症例数」設定は必要か? 2017/3/15

レパーサ、最適使用推進GLと留意事項通知 2017/3/15

類似薬効比較方式、「比較薬と外国平均価格調整に問題」 2017/2/23

かかりつけ医は1人?複数?登録制? 2017/2/22

一般名処方、3割を超える、2016年度後発品の特別調査 2017/2/22

薬価の「中間年」の調査、本調査とは別 2017/2/9

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ 2017/2/8

「対面診療の原則」、“ICT診療”で代替可能? 2017/2/8

キイトルーダ、1日薬価3万9099円、オプジーボと同額 2017/2/8

「診療報酬、地域医療構想に“寄り添う”」、迫井医療課長 2017/1/26

“米国外し”を要望、外国平均価格調整の参照国 2017/1/25

キイトルーダ「最適使用推進ガイドライン」案 2017/1/25

在宅医療、ICTで“代用”は可能か? 2017/1/12

「効能追加で薬価検討」こそ抜本改革、中川日医副会長 2017/1/11