m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

今夏目途に一定の結論、新規収載薬も対象

2017年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は2月8日、2018年度診療報酬改定において、これまでの試行的導入の検討結果を踏まえ、既収載品に加えて、新規収載の医薬品、医療機器も含めて、費用対効果評価を活用した制度化の検討を進めることを了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。今夏を目途に一定の結論を得て、薬価専門部会と保険医療材料専門部会において、費用対効果評価を薬価や材料価格にどのように反映させるかを検討するスケジュールを予定。費用対効果評...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

薬価制度改革、「3点セット」で議論を 2017/8/10

支払い意思額調査、新規調査は断念 2017/8/10

「倫理的、社会的影響」は4項目で検討 2017/8/10

認知症治療病棟、大きな視点での議論を 2017/7/28

「支払い意思額調査」、質問内容に異論続く 2017/7/26

原価計算方式への批判続出、「企業の言い値か」 2017/7/26

「支払い意思額」の調査票案に異論続出 2017/7/13

中医協の診療側委員、日医役員2人が就任あいさつ 2017/7/12

レセプト様式、請求事務等「ゼロベースで見直し」 2017/7/12

「画像提供」や「予防投与」など、選定療養の追加要望 2017/7/5

DPC、「3群制」は維持、名称変更で賛否分かれる 2017/7/5

価格調整「頻回改定」に疑問符 2017/7/5

「世界に冠たる日本の医療、支えるのは中医協」松原日医副会長 2017/7/5

「医療政策が権力構造におもねる懸念」中川日医副会長 2017/7/5

2016年度改定検証、5つの調査票案を承認 2017/6/29

医療機器2点の保険適用を承認 2017/6/29

費用対効果評価、まずは「価格調整」に限定 2017/6/29

「先発、長期収載、後発、AG」薬の定義、明確化が必要 2017/6/28

原価計算方式のイノベーション評価、見直しへ 2017/6/28

20対1療養病棟の理由、「医療需要あり」42.9% 2017/6/15