m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ

今夏目途に一定の結論、新規収載薬も対象

2017年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院商学研究科教授)は2月8日、2018年度診療報酬改定において、これまでの試行的導入の検討結果を踏まえ、既収載品に加えて、新規収載の医薬品、医療機器も含めて、費用対効果評価を活用した制度化の検討を進めることを了承した(資料は、厚生労働省のホームページ)。今夏を目途に一定の結論を得て、薬価専門部会と保険医療材料専門部会において、費用対効果評価を薬価や材料価格にどのように反映させるかを検討するスケジュールを予定。費用対効果評...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

薬価の「中間年」の調査、本調査とは別 2017/2/9

2018年度改定で費用対効果評価、制度化へ 2017/2/8

「対面診療の原則」、“ICT診療”で代替可能? 2017/2/8

キイトルーダ、1日薬価3万9099円、オプジーボと同額 2017/2/8

「診療報酬、地域医療構想に“寄り添う”」、迫井医療課長 2017/1/26

“米国外し”を要望、外国平均価格調整の参照国 2017/1/25

キイトルーダ「最適使用推進ガイドライン」案 2017/1/25

在宅医療、ICTで“代用”は可能か? 2017/1/12

「効能追加で薬価検討」こそ抜本改革、中川日医副会長 2017/1/11

不正疑い医療機関、調査過程でも進捗状況開示を 2016/12/23

2018年度改定、「3ラウンド」に分け議論 2016/12/21

「薬価制度の抜本改革、メーカーの成長戦略か」と疑念 2016/12/21

2018年度医療介護の同時改定、「キックオフ」 2016/12/15

オプジーボ、「最適使用推進ガイドライン」(案)公表 2016/12/14

「断固反対」、薬価の毎年改定、製薬団体 2016/12/9

薬価制度の抜本改革、議論スタート 2016/11/30

オプジーボ、来年2月から50%引き下げへ 2016/11/16

薬価、10万円ダウンでも問題なし? 2016/11/9

地域包括診療加算の届出、2015年は約1800減 2016/10/20

「患者申出療養の趣旨から逸脱」、中川日医副会長 2016/10/19