m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|総合診療専門...>プライマリ・ケア医不足と専門医制は別問題◆Vol.4

プライマリ・ケア医不足と専門医制は別問題◆Vol.4

救急専門医の歴史的経緯に類似点も

2017年2月11日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【前野】これまでの話で幾つか意見を言わせてください。まず数の問題ですが、総合診療専門医レベルの質の高い専門医だけで、日本のプライマリ・ケアを全てカバーすることは不可能です。したがって、選択肢は二つしかなく、一つは質を下げて数を担保するか、あるいは数を絞って質を担保するかです。前者、つまり“粗製乱造”すると、キャリアの魅力がなくなり、なり手がいなくなる。結局、質も量も駄目になる。一方で質を担保すれば、キャリアが確立されるので、それに魅力を感じ、プライドを持って自分のやりがい、アイデンティティーを感...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事