m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|総合診療専門...>「ブロック研修で養成可能」は誤解◆Vol.6

「ブロック研修で養成可能」は誤解◆Vol.6

養成は総合診療のキャリア持つ医師の手で

2017年2月14日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


司会ではシーズを医学教育で蒔いた後、専門医としての総合診療医を養成していくには、どんな場がふさわしいとお考えですか。【丸山】そこで言っておきたいのですが、この期に及んでも、複数の既存の診療科を回る「ブロック研修」で総合診療専門医を養成できると思っている人がいます。それは根本的な認識不足。「何でもできる」のが総合診療専門医ではなく、求められるのは、根幹としてのジェネラリズムです。この辺りを説明するのは簡単ではないのですが、地域の医療ニーズを自ら見いだし、それに対応できるように自己研鑽を続けるのが、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事