m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

菅官房長官、塩崎厚労相に要望、「新たな巨大権力構造」も懸念

2017年2月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医系市長会は2月9日、菅義偉官房長官と塩崎恭久厚労相に対し、「新専門医制度を危惧し、拙速に進めることに反対する要望」を提出した。現在検討されている新専門医制度の開始に伴い、「中・小規模病院が危機に陥る懸念」「地方創生に逆行する危険と医師偏在の助長」など地域医療への影響が生じるほか、日本専門医機構と大学病院をはじめ基幹病院への新たな権限が誕生することを問題視する内容だ。さらに、医師のキャリア形成の長期化や、総合診療専門医の養成も疑問視している。全国医系市長会は、医師免許を持つ市長らで構成。菅官...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

専攻医数の上限設定は5都府県、京都は除外へ 2017/2/17

「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会 2017/2/10

6都府県、専攻医の募集上限設定、都市部集中防ぐ 2017/1/13

社会医学系専門医協会、700人超す医師登録 2016/12/26

新専門医制度、2018年度開始に向け前進 2016/12/17

新専門医制度の「新整備指針」、機構理事会了承 2016/12/10

「大学、学会回帰を懸念」、新専門医制で堺日病会長 2016/11/28

「大学以外でも基幹病院に認定を」、全自病 2016/11/23

新専門医「整備指針」、地域医療に配慮し12月に改訂 2016/11/19

1位は「出身大学」、脳神経外科研修プログラム選択理由 2016/10/11

6基本領域の専門医、「地域医療への影響なし」 2016/10/5

脳神経外科医のキャリア「パンドラの箱が開いた」 2016/10/5

「専門医制度は本当に必要なのか?」 2016/10/2

内科と外科のサブスペシャルティ取得、「短縮」も 2016/9/8

医師養成のグランドデザイン考える好機-尾身茂・JCHO理事長に聞く◆Vol.4 2016/9/4

総合診療専門医、質とコストの両面で有用-尾身茂・JCHO理事長に聞く◆Vol.3 2016/8/30

「総合診療専門医」目指す専攻医、研修施設を支援 2016/8/27

「大病院と中小病院」の偏在にも留意-尾身茂・JCHO理事長に聞く◆Vol.2 2016/8/25

専門医の必要数、タブー視せず議論を-尾身茂・JCHO理事長に聞く◆Vol.1 2016/8/22

「1年延期、正直ほっとしている」-邊見公雄・全自病会長に聞く◆Vol.2 2016/8/12