m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

「新専門医制度を危惧、拙速は反対」、全国医系市長会

菅官房長官、塩崎厚労相に要望、「新たな巨大権力構造」も懸念

2017年2月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医系市長会は2月9日、菅義偉官房長官と塩崎恭久厚労相に対し、「新専門医制度を危惧し、拙速に進めることに反対する要望」を提出した。現在検討されている新専門医制度の開始に伴い、「中・小規模病院が危機に陥る懸念」「地方創生に逆行する危険と医師偏在の助長」など地域医療への影響が生じるほか、日本専門医機構と大学病院をはじめ基幹病院への新たな権限が誕生することを問題視する内容だ。さらに、医師のキャリア形成の長期化や、総合診療専門医の養成も疑問視している。全国医系市長会は、医師免許を持つ市長らで構成。菅官...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

198人、専攻医1次登録で研修先決まらず 2017/12/16

5都府県、1次登録の専攻医、過去の採用実績内に調整 2017/12/8

脳神経外科学会、新専門医制度で新データベース活用 2017/12/5

内科は20.8%、外科は5.9%、専攻医登録者数が減少 2017/12/4

新専門医制度、1次登録は7989人、卒後2年目医師の約9割 2017/11/17

新専門医制度、3060の専門研修プログラム【2017年10月版】 2017/11/3

専攻医の1次登録、3060プログラムで10月10日開始 2017/10/6

日病会長、総合診療専門研修プログラム「問題点きちんと言う」 2017/10/3

「1次審査不合格、大変遺憾」、専門医機構に説明求める 2017/10/3

四病協、総合診療専門研修プログラムの1次審査に疑義 2017/10/3

総合診療専門研修プログラム「1次審査基準」、都市集中回避が狙い-松原謙二・日本専門医機構副... 2017/9/28

総合診療専門研修プログラム審査、「公正さを欠く」 2017/9/28

総合診療専門研修プログラム、1次審査通過は360 2017/9/26

社会医学系専門医・指導医2514人認定 2017/9/23

専攻医の1次登録遅れる、開始は10月10日 2017/9/21

専門研修、「プログラム登録は1つのみ」 2017/9/16

専攻医の1次登録、10月1日から開始、日本専門医機構 2017/9/3

新専門医制の2018年度開始、重み増す「大臣談話」 2017/8/9

新専門医制度2018年度開始、「地域医療等に配慮」が前提 2017/8/4

日医会長、「新専門医、国の関与は謙抑的に」 2017/8/3