m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師の55%「在宅医療受けたい」と回答

医師の55%「在宅医療受けたい」と回答

課題はマンパワー不足や家族の負担増

2017年2月12日 m3.com編集部


m3.com意識調査、「在宅医療、経験は?推進すべき?」で、在宅医療に関する経験や意見を聞いたところ、回答者の41.8%が「在宅医療に携わった経験がある」と回答した。「経験はないが、今後携わりたい」と回答した医師は開業医が10.2%、勤務医が21.1%、薬剤師が26.2%、看護師が38.5%、その他の医療従事者が45.1%となった。Q1:在宅医療に携わった経験をお持ちですか?自身が緩和医療メーンの患者の立場になった場合、「在宅医療を受けたい」と答えたのは全体の55.1%、受けたくないとの回答は1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。