m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>「高野病院を支援する会」運営の舞台裏

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏

支援の広がり、資金確保にICTを駆使

2017年2月11日 嶋田裕記(南相馬市立総合病院)


私は高野病院(福島県広野町)の高野英男院長(81歳)が2016年12月30日に亡くなられた後、「高野病院を支援する会」としてさまざまな形で支援のお手伝いをさせていただいていた。高野病院は福島第一原子力発電所からわずか22kmに位置しており、東日本大震災後も避難せず、双葉郡で診療を続けた唯一の病院である。118床の入院ベッドを抱え、広野町の住民や復興関係の作業員の診療を担ってきた。しかし、高野病院の唯一の常勤医であった高野院長が自宅の火災で亡くなった。それに伴い、主を失った高野病院は存続の危機に陥...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

The Voice(医療)に関する記事(一覧

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18

ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像 2016/5/16

震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む 2016/5/13

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/5/11