m3.com トップ>医療維新>レポート>「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義

「研究とは、人の役に立つための真理の探究」

2017年2月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


東北大学医学部腫瘍外科教授で、この3月で定年退職を迎える大内憲明氏は2月10日、同大の艮陵会館記念ホールで、「がんへの挑戦、病理に基づく手術、ナノ・バイオ、J-START」をテーマに最終講義を行った。大内氏は、全国に先駆けて東北大で乳房温存手術を導入し、LTF(lateraltissueflap)法と呼ばれる手法を考案したことで有名。最終講義ではその経緯に続いて、免疫組織化学法を研究し、分子標的薬の適正使用につながるバイオマーカーを開発、さらに40歳代の乳癌検診におけるマンモグラフィと超音波検査...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議 2017/2/20

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も 2017/2/16

医師の喫煙率減少、男性10.9%、女性2.4% 2017/2/16

「かかりつけ医」機能の評価、報酬と実態にギャップ 2017/2/16

2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人 2017/2/15

諮問会議の新浪氏「民間企業の力活用で予防に重点を」 2017/2/13

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義 2017/2/12

皇太子殿下「若い人に経験伝えて」、赤ひげ大賞表彰式 2017/2/11

指導医療官の態度、改善傾向、保団連調査 2017/2/10

2017年度国公立全50大学の医学部入試志願倍率速報! 2017/2/10

「EBMで“個”を忘れる時代」、データ統合の重要性指摘、永井自治医大学長 2017/2/8

2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓 2017/2/7

「過程がブラックボックスに」「医師の無駄な仕事が減る」 2017/2/4

ハーボニー偽造薬、中身はビタミン剤や漢方剤と判明、厚労省調査 2017/2/2

2017年度薬学部入試、センター試験最新動向! 2017/1/31

「病院の在宅医療にガイドラインを」、日病協 2017/1/28

“安い物求める”薬局の姿勢を問題視、鈴木・日医常任理事 2017/1/26

2017年度医学部入試、センター試験速報! 2017/1/19

柔整側と保険者側で激しく対立、厚労検討会 2017/1/19

「薬価の毎年改定、対象薬は限定を」、畑中製薬協会長 2017/1/17