m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義

「研究とは、人の役に立つための真理の探究」

2017年2月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


東北大学医学部腫瘍外科教授で、この3月で定年退職を迎える大内憲明氏は2月10日、同大の艮陵会館記念ホールで、「がんへの挑戦、病理に基づく手術、ナノ・バイオ、J-START」をテーマに最終講義を行った。大内氏は、全国に先駆けて東北大で乳房温存手術を導入し、LTF(lateraltissueflap)法と呼ばれる手法を考案したことで有名。最終講義ではその経緯に続いて、免疫組織化学法を研究し、分子標的薬の適正使用につながるバイオマーカーを開発、さらに40歳代の乳癌検診におけるマンモグラフィと超音波検査...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事