m3.com トップ>医療維新>レポート>2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人

2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人

東京、愛知、兵庫など大都市圏で減少幅大きく

2017年2月15日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が2月15日に開催され、2018年度の臨床研修の定員が報告された。全体の定員は1万1332人で2017年度から58人減。都道府県別では東京都が21人減、愛知県、兵庫県が9人減、大阪府が8人減と大都市部中心に削減、増えたのは岡山県9人増、広島県6人増、秋田県5人増などとなった。入学定員増により、2018年度の研修希望者数(推定)は前年度比114人増の9940人。一方で研修希望者数と募集定員の差を毎年0.02倍ずつ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「大学の名誉傷つけられ残念」、吉川・京都府立医大学長 2017/2/28

「医師は適用除外を」、時間外労働の上限規制 2017/2/27

「カルテ通じて、今も指導」高野院長お別れの会 2017/2/27

学内幹部、全会一致で学長に辞職勧告、27日を期限に設定 2017/2/25

働き方改革「罰則できると現場がストップ」、四病協 2017/2/23

2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議 2017/2/20

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も 2017/2/16

医師の喫煙率減少、男性10.9%、女性2.4% 2017/2/16

「かかりつけ医」機能の評価、報酬と実態にギャップ 2017/2/16

2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人 2017/2/15

諮問会議の新浪氏「民間企業の力活用で予防に重点を」 2017/2/13

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義 2017/2/12

皇太子殿下「若い人に経験伝えて」、赤ひげ大賞表彰式 2017/2/11

指導医療官の態度、改善傾向、保団連調査 2017/2/10

2017年度国公立全50大学の医学部入試志願倍率速報! 2017/2/10

「EBMで“個”を忘れる時代」、データ統合の重要性指摘、永井自治医大学長 2017/2/8

2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓 2017/2/7

「過程がブラックボックスに」「医師の無駄な仕事が減る」 2017/2/4

ハーボニー偽造薬、中身はビタミン剤や漢方剤と判明、厚労省調査 2017/2/2

2017年度薬学部入試、センター試験最新動向! 2017/1/31