m3.com トップ>医療維新>レポート>「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

日医調査、一般名処方は約7割、後発品の不安も根強く

2017年2月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会の「かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査」の結果、約1年前と比較して長期処方(30日超)の患者が「増えた」と回答した診療所は35.5%だった一方、「減った」診療所は6.9%であり、長期処方が増加している実態が明らかになった(資料は、日医のホームページ)。過去約1年で遭遇した長期処方が原因として考えられる事例として、「患者が薬をなくしてしまい、次回予約よりも前に再診」「大病院で3カ月投与(降圧剤)されて、低血圧になった」などが挙がり、調査の総括として、「長期処方には問題もある。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

慈恵医大、がん疑い見逃し新たに5人、検討委 2017/7/21

研修医の受け入れ「大学間格差が拡大」、医学部長病院長会議 2017/7/21

尾崎都医会長、2期目が始動、タバコ、五輪対策を重視 2017/7/21

平均寿命、都道府県格差が拡大、東大・渋谷氏らのLancet論文 2017/7/20

日野原重明氏、105歳で死去、聖路加国際病院名誉院長 2017/7/18

【都道府県別】高校別の合格大学の内訳詳細 2017/7/14

邉見全自病会長、新専門医制「1年前よりは良い」 2017/7/12

死亡診断書作成ソフト「DiedAi」の利用呼びかけ 2017/7/12

日医、JMAT2チームを福岡県朝倉市に派遣 2017/7/12

「外保連試案2018」、11月上旬に公表予定 2017/7/11

医師の時間外手当で最高裁判決(判決理由要旨など追記) 2017/7/7

「KPIは世界で医学系トップ100入り」、吉澤・東京医科歯科大学長 2017/7/5

「遺伝子パネル検査」、2018年度先進医療、保険収載目指す 2017/7/1

看護師確認で死亡診断書、GL案を公表 2017/7/1

「回復期不足」本当か、把握必要 2017/6/30

四病協の「働き方検討委」、議論スタート 2017/6/29

日医医賠責で「有責」複数回の医師、27人に指導 2017/6/28

11月1日は「いい医療の日」、日医が制定 2017/6/28

「看護基礎教育、4年制化は不可欠」福井・日看協会長 2017/6/28

看護師特定行為研修は低調、「しっかり対策を」 2017/6/26