m3.com トップ>医療維新>レポート>「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

日医調査、一般名処方は約7割、後発品の不安も根強く

2017年2月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会の「かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査」の結果、約1年前と比較して長期処方(30日超)の患者が「増えた」と回答した診療所は35.5%だった一方、「減った」診療所は6.9%であり、長期処方が増加している実態が明らかになった(資料は、日医のホームページ)。過去約1年で遭遇した長期処方が原因として考えられる事例として、「患者が薬をなくしてしまい、次回予約よりも前に再診」「大病院で3カ月投与(降圧剤)されて、低血圧になった」などが挙がり、調査の総括として、「長期処方には問題もある。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

益田市医師会「親父の背中」、へき地医療研修プロジェクト 2017/9/20

「医師は社会性に欠けるのか」、全日病学会 2017/9/17

「医師支援死亡にどのように対応するか」、高久氏がCMAAOで講演 2017/9/15

邉見全自病会長、「医療なければ人は住めず」 2017/9/14

「優れた日本の医療を世界に」、横倉会長がCMAAO会長に就任 2017/9/13

「日本海ヘルスケアネット」、医師会も交え、9法人で発足へ 2017/9/12

「全国一律の施策は限界、地域医療構想で対応を」 2017/9/11

「時代に即した改革、医療側から提言を」 2017/9/10

医師の勤務実態、病院種別、診療科別にタイムスタディ 2017/9/9

「医師不足地域での勤務実績」、病医院の管理者要件に 2017/9/7

新潟過労自殺、「医師の勤務適正化図る」―新潟市長 2017/8/31

医療者の勤務改善に8.7億円、厚労省概算要求 2017/8/31

日医会長「医師の倫理観と社会的使命、認識を」 2017/8/30

急性肺血栓塞栓症「患者とリスク共有を」、日本医療安全調査機構 2017/8/30

皆が気になる人気意識調査、厳選集 2017/8/30

新専門医に関する過去記事まとめ 2017/8/30

日病会長、「医療続けられるのか」と危機感 2017/8/29

産科婦人科学会理事長「新しい視点で配慮を」 2017/8/29

「入院患者自殺は重大医療事故」、日本医療機能評価機構が提言 2017/8/28

がん診療連携拠点病院の新要件、議論始まる、2019年度から 2017/8/24