m3.com トップ>医療維新>レポート>「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も

日医調査、一般名処方は約7割、後発品の不安も根強く

2017年2月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会の「かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査」の結果、約1年前と比較して長期処方(30日超)の患者が「増えた」と回答した診療所は35.5%だった一方、「減った」診療所は6.9%であり、長期処方が増加している実態が明らかになった(資料は、日医のホームページ)。過去約1年で遭遇した長期処方が原因として考えられる事例として、「患者が薬をなくしてしまい、次回予約よりも前に再診」「大病院で3カ月投与(降圧剤)されて、低血圧になった」などが挙がり、調査の総括として、「長期処方には問題もある。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

2017年度下期には「具体的な医療機関名を」、地域医療構想調整会議 2017/2/20

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も 2017/2/16

医師の喫煙率減少、男性10.9%、女性2.4% 2017/2/16

「かかりつけ医」機能の評価、報酬と実態にギャップ 2017/2/16

2018年度臨床研修定員、58人減の1万1332人 2017/2/15

諮問会議の新浪氏「民間企業の力活用で予防に重点を」 2017/2/13

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義 2017/2/12

皇太子殿下「若い人に経験伝えて」、赤ひげ大賞表彰式 2017/2/11

指導医療官の態度、改善傾向、保団連調査 2017/2/10

2017年度国公立全50大学の医学部入試志願倍率速報! 2017/2/10

「EBMで“個”を忘れる時代」、データ統合の重要性指摘、永井自治医大学長 2017/2/8

2例目の患者申出療養、阪大の植込み型補助人工心臓 2017/2/7

「過程がブラックボックスに」「医師の無駄な仕事が減る」 2017/2/4

ハーボニー偽造薬、中身はビタミン剤や漢方剤と判明、厚労省調査 2017/2/2

2017年度薬学部入試、センター試験最新動向! 2017/1/31

「病院の在宅医療にガイドラインを」、日病協 2017/1/28

“安い物求める”薬局の姿勢を問題視、鈴木・日医常任理事 2017/1/26

2017年度医学部入試、センター試験速報! 2017/1/19

柔整側と保険者側で激しく対立、厚労検討会 2017/1/19

「薬価の毎年改定、対象薬は限定を」、畑中製薬協会長 2017/1/17