m3.com トップ>医療維新>インタビュー|大学・医学教...>実臨床に即したリアルな良問が多数 -第111回医師国家試験総評 - 李権二・TECOM講師に聞く◆Vol.1

実臨床に即したリアルな良問が多数 -第111回医師国家試験総評 - 李権二・TECOM講師に聞く◆Vol.1

解剖画像が目立つ、公衆衛生も増加

2017年2月24日 高橋直純(m3.com編集部)


2月11日から13日にかけて行われた第111回医師国家試験の合否は、3月17日に発表される。医学教育、そして医療体制が大きく変革する中で、医学生はどのような知識が求められているのか。エムスリーグループの医師国試対策予備校大手「TECOM(テコム)」講師の李権二氏による総評と近年の医学教育の動向を尋ねた。(2017年2月21日にインタビュー。計2回の連載)。【情報開示】株式会社テコムは2016年8月からエムスリーグループに参加しております。――第111回試験はどのようなものだったでしょうか。李権二...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事