m3.com トップ>医療維新>レポート|京都府立医大...>学内幹部、全会一致で学長に辞職勧告、27日を期限に設定

学内幹部、全会一致で学長に辞職勧告、27日を期限に設定

京都府立医大、吉川学長は不安、抑うつ状態

2017年2月25日 高橋直純(m3.com編集部)


京都府立医科大学教育研究評議会は2月23日、吉川敏一学長への辞職勧告を出席議員全会一致で採択、24日に弁護士を通じて吉川学長に送付した。勧告を受け入れるかどうかの意思表示の期限を2月27日正午と定め、辞任の意向が示されない場合は、学長選考会議に解任を請求する方針。評議会は、教員人事など大学の重要事項を決定する組織。メンバーは19人で、学内幹部16人、学外3人で構成される。23日の定例会では吉川学長と吉村了勇病院長と学外の3人を除く学内幹部14人が出席。全会一致で、「辞職をお願いすることになった」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事