m3.com トップ>医療維新>レポート|京都府立医大...>「大学の名誉傷つけられ残念」、吉川・京都府立医大学長

「大学の名誉傷つけられ残念」、吉川・京都府立医大学長

辞職勧告を拒否、大学は記者会見場を提供せず

2017年2月28日 高橋直純(m3.com編集部)


京都府立医科大学の吉川敏一学長が2月28日に京都市内で記者会見し、一連の報道に対して「私だけでなく、大学の名誉や病院の信頼が傷つけられ残念と言うほかない」と語った。京都府警の捜査対象になっている診断書の虚偽記載疑惑については「一切、指示や関与はしていない」と説明。暴力団幹部とは学内で2回、学外のレストランで2回会ったと説明したが、「医師と患者の関係であり、特別な関係はない」とし、同大の教育研究評議会からの辞職勧告については「現時点では辞任するつもりはない」と拒否した。一方で、大学学長選考会議で解...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事