m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|小説「朔風 ...>「だが、患者は戻らなかった」【連載小説「朔風」第36回】

「だが、患者は戻らなかった」【連載小説「朔風」第36回】

火曜日、金曜日に更新

2017年3月3日 久間十義(小説家)


[連載第1回はこちら]吉川(きっかわ)まゆみ医師の専門である救急科は、もともとバトラー病院にはない部門だ。バトラー病院の救急体制はよくある各科の相乗り型で、救急外来窓口で患者を対応可能な科に振り分け、その科が救急初期診療から病棟での治療まで、そのまま続けて担当することになっている。また地域の中核病院といっても、高度な救急医療設備を持たない2次救急病院で、ICUが必要な重篤な患者は扱わないし、扱えない。むろん、突発的な交通事故などでやむを得ず患者を引き受けることはある。しかし、本来ならばその種の患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」に関する記事(一覧

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】 2017/11/17

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】 2017/11/14

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】 2017/11/10

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】 2017/11/7

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】 2017/11/3

どうしたんです?しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】 2017/10/31

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】 2017/10/27

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】 2017/10/24

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】 2017/10/20

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】 2017/10/17

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】 2017/10/13

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】 2017/10/10

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】 2017/10/6

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】 2017/10/3

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】 2017/9/29

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】 2017/9/26

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】 2017/9/22

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】 2017/9/15

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12