m3.com トップ>医療維新>レポート|京都府立医大...>「京都府立医大、創設以来の危機」、中川副学長

「京都府立医大、創設以来の危機」、中川副学長

府議会特別委、吉川学長は次期学長就任を辞退

2017年3月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


京都府立医科大学副学長の中川正法氏は、3月2日の京都府議会予算特別委員会で、同大附属病院が暴力団組長の収監をめぐり、検察庁に虚偽診断書を提出したとされる問題で、「今回の事件は、本学創設以来の危機と言っても過言ではない。極めて深刻に受け止めている」と述べ、謝罪するとともに、学長の吉川敏一氏から、次期学長最終候補の辞退願が提出されたことを明らかにした。吉川学長は今年1月、この4月からの次期学長の最終候補者に決定、学長3期目に入る予定だった。「大学自らも調査をしっかりと進め、関係機関の捜査にも全面的に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事