m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>「エビデンスと診療のギャップ」、NDB等で解明

「エビデンスと診療のギャップ」、NDB等で解明

京大・中山氏、ビックデータによる観察研究、RCTを補完

2017年3月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


「経口ステロイド薬を3カ月使用中または使用予定の患者が、『ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療のガイドライン』に準拠して、骨粗鬆症についての治療や一般的指導、経過観察を受けているのは23.3%」「抗精神病薬を処方されている患者のうち、1医療機関のみから処方されているのは全体の97%に上るが、一方で残る3%は、2カ所以上の医療機関、中には11もしくは12の医療機関から処方されている患者もいる」医療分野におけるビックデータの代表例が、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)。京都大学院医研究科...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事