m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>AIによる診療支援、「医師が最終決定、責任負う」

AIによる診療支援、「医師が最終決定、責任負う」

厚労省「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」

2017年3月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は3月7日の「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」(座長:間野博行・国立がん研究センター研究所長)で、AI(人工知能)による診療支援と医師の判断との関係性について、現状ではAIが単独で診断確定や治療方針の決定を行うことはできず、AIの推測結果には誤りがあり得ることから、「最終的な意思決定は医師が行い、その責任は医師が負う」という整理案を提示。その前提として、医師へのAIについての教育を行い、安全性を確保することが必要だとした。同懇談会の構成員からは、厚労省の案を支持する意見があった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事