m3.com トップ>医療維新>レポート>「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

準備会開催、2017年度から本格研究、医師法21条は扱わず

2017年3月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は3月10日、「医療行為と刑事責任」に関する研究に着手、同日にその「準備会」を開催した。座長は、東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授の樋口範雄氏が務め、医療や司法の専門家ら10人前後で構成、近日中にもう1回開催し、2017年度からの本格的な研究につなげる。医療事故が業務上過失致死罪に当たるのか否か、当たる場合にはどんな医療事故が該当するのかなど、刑法の本質に踏み込んだ研究になる見通し。厚労省医政局医事課によると、異状死体の警察への届出を定めた医師法21条とは別問題として、研究を進...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「地域枠」義務違反の病院に罰則を検討、臨床研修部会 2017/3/24

啓発パンフレット「禁煙は愛」を作成、日医 2017/3/23

「美談」ではなく、医学的な検証を-「高野病院を支える会」の活動◆Vol.3 2017/3/21

日医、「厚労省の対応は遺憾」MRワクチン不足問題 2017/3/16

赤字のロボット手術「2018年度改定で適正評価を」 2017/3/14

「治療と就労の両立支援マニュアル」発刊、労働者健康安全機構 2017/3/13

医療事故等の警察届出、2年連続2ケタにとどまる 2017/3/11

「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始 2017/3/10

認知症診断、かかりつけ医向け手引き公開 2017/3/9

「安全、簡単、安価」、ネットで画像情報提供 2017/3/7

東大の論文不正、元分生研教授ら4人「懲戒解雇相当」 2017/3/4

医師4人が医業停止3年、計18人処分、医道審議会 2017/3/4

在宅医療、二つの「重点分野」で推進 2017/3/1

若手医師のわいせつ事件続き「誠に遺憾」、横倉会長 2017/3/1

「医師は適用除外を」、時間外労働の上限規制 2017/2/27

「カルテ通じて、今も指導」高野院長お別れの会 2017/2/27

働き方改革「罰則できると現場がストップ」、四病協 2017/2/23

「長期処方が増加」診療所の35.5%、問題事例も 2017/2/16

医師の喫煙率減少、男性10.9%、女性2.4% 2017/2/16

「かかりつけ医」機能の評価、報酬と実態にギャップ 2017/2/16