m3.com トップ>医療維新>レポート>「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

準備会開催、2017年度から本格研究、医師法21条は扱わず

2017年3月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は3月10日、「医療行為と刑事責任」に関する研究に着手、同日にその「準備会」を開催した。座長は、東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授の樋口範雄氏が務め、医療や司法の専門家ら10人前後で構成、近日中にもう1回開催し、2017年度からの本格的な研究につなげる。医療事故が業務上過失致死罪に当たるのか否か、当たる場合にはどんな医療事故が該当するのかなど、刑法の本質に踏み込んだ研究になる見通し。厚労省医政局医事課によると、異状死体の警察への届出を定めた医師法21条とは別問題として、研究を進...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。