m3.com トップ>医療維新>レポート>「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

「医療行為と刑事責任」の関係、厚労省研究開始

準備会開催、2017年度から本格研究、医師法21条は扱わず

2017年3月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は3月10日、「医療行為と刑事責任」に関する研究に着手、同日にその「準備会」を開催した。座長は、東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授の樋口範雄氏が務め、医療や司法の専門家ら10人前後で構成、近日中にもう1回開催し、2017年度からの本格的な研究につなげる。医療事故が業務上過失致死罪に当たるのか否か、当たる場合にはどんな医療事故が該当するのかなど、刑法の本質に踏み込んだ研究になる見通し。厚労省医政局医事課によると、異状死体の警察への届出を定めた医師法21条とは別問題として、研究を進...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

四病協、「働き方検討委員会」を設置 2017/4/27

癌の化学療法、先進医療Bとして3件を承認 2017/4/26

日医女性医師バンク、HPリニューアル 2017/4/26

「スクラップ&ビルドを」大学改革を議論、経済財政諮問会議 2017/4/26

健診等実施率による加算・減算を議論 2017/4/25

医療機器・システム保守管理費用、2.6兆円 2017/4/25

消耗品の共同調達で3億円削減、国立大学病院 2017/4/23

医療は効率化・重点化、「診療報酬、不必要に上げず」 2017/4/21

JACME、医学教育認定機関の国際認証取得 2017/4/18

遠隔診療で診療報酬増額、安倍首相が検討指示 2017/4/17

地域がん拠点病院、「遺伝相談」体制を要件に 2017/4/15

「オバマケア、単純に廃止できず」 2017/4/14

患者申出療養、慶応大と名大の3、4例目承認 2017/4/14

本庶氏、「法的根拠ある全員加盟の医師団体を」 2017/4/13

かかりつけ医普及、「地域包括診療加算の算定要件緩和を」 2017/4/7

21条の解釈、8割強の院長「最高裁判決に準拠」 2017/4/4

業務上過失致死傷罪に当たる医療事故、「類型化」目指す 2017/3/31

「カリスマ」が斬る今年の国試―三苫博・東京医科大学医学教育推進センター長に聞く 2017/3/31

前年より合格者2009人減、2017年薬剤師国試 2017/3/31

「医師は労働者か、抜本的議論を」横倉会長 2017/3/30