m3.com トップ>医療維新>レポート>「治療と就労の両立支援マニュアル」発刊、労働者健康安全機構

「治療と就労の両立支援マニュアル」発刊、労働者健康安全機構

有賀理事長「全ての医療人が知らなくてはいけない」

2017年3月13日 高橋直純 (m3.com編集部)


独立行政法人・労働者健康安全機構はこのほど、4疾病ごとの「労働者に対する治療と就労の両立支援マニュアル」を発刊した。臨床現場で使えるよう豊富な事例が取り上げられており、有賀徹理事長は「両立支援は全ての医療人が知らなくてはいけない」と呼びかける。マニュアルは同機構のウェブサイトから入手できる。同機構の「治療就労両立支援モデル事業」で、新たに作成されたマニュアルは、がん、脳卒中、糖尿病、メンタルヘルス――の4疾病に罹患した患者に対応する。2009年度から行ってきた両立支援に関する研究の成果が盛りこま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「『医師会の大義』の共有を」、日医・将来ビジョン委 2018/4/19

消費税「補填不足は病院で明白」、日病協 2018/4/17

手術・手技の報酬、「価値」「アウトカム」反映の検討が重要 2018/4/13

患者申出療養、新規申請なし 2018/4/12

男女を問わず、医師が勤務継続できる環境を 2018/4/10

救急・災害医療提供体制、議論始まる 2018/4/10

「他ができる仕事をなぜ医師が」、外国で指摘も 2018/4/10

山形大の“ドクターフィー”、最高は年間760万円 2018/4/9

「現場から過度に医療費が伸びない提案を」横倉・日医会長 2018/4/5

医療事故で刑事事件化、「軽率性」「未熟性」の傾向 2018/4/4

福岡地裁、保険医の登録取消処分の「執行停止」決定 2018/4/3

日本介護医療院協会が設立、記念シンポジウム開催 2018/4/2

ナショナルセンターの在り方、議論始まる 2018/4/2

自民「医師の働き方改革PT」、診療報酬の課題も議論 2018/4/1

全日病の総合医育成事業、定員40人に対し、既に半数の応募 2018/3/31

医師会員2割がアスリートの治療等に直接関与 2018/3/31

「対面診療なしオンライン診療」も条件付きで許容 2018/3/29

四病協、「専門医制度の在り方検討委員会」立ち上げ 2018/3/28

看護師の特定行為研修、「急性期より在宅医療」 2018/3/28

「遠隔服薬指導の早急な実施を」内閣府・規制改革推進会議 2018/3/28