m3.com トップ>医療維新>レポート|改革進む医学...>「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加

「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加

全国医学部長病院長会議、「ストレート卒業」は減少

2017年3月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医学部長病院長会議が実施した「医学生の学力に関するアンケート調査」の結果、2008年度の医学部の入学定員増以降、従来多かった医学部2年生の留年に加え、1年生と4年生の留年も増加している現状が明らかになった。経年変化を追うことができる、53大学(国立30大学、公立2大学、私立21大学)について、2007年度以前の平均留年者数を100とした場合の2015年度の留年者の割合(入学定員増を補正)を見ると、1年生163.6%、2年生127.9%、3年生103.0%、4年生135.6%、5年生124.4...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

改革進む医学教育に関する記事(一覧

独自カリキュラムで卒業生は「永久ライセンス」-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.... 2017/8/22

医師偏在対策は、地域への愛着-福田寛・東北医科薬科大学医学部長に聞く◆Vol.2 2017/8/15

「東北の地域医療を支える」が使命-福田寛・東北医科薬科大学医学部長に聞く◆Vol.1 2017/8/7

国際医療福祉大学、医学部一期生140人迎え、入学式 2017/4/2

「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加 2017/3/18

医学教育と臨床研修、シームレス化進む 2017/2/23

「学長企画室」と「統合戦略会議」で改革進む-烏山一・東京医科歯科大副学長に聞く 2017/2/6

課題は研究支援、コーディネーター活用も-伊木雅之・近大医学部長に聞く◆Vol.3 2016/12/27

医療系学部の集約が理想、総合大学の強み発揮-伊木雅之・近大医学部長に聞く◆Vol.2 2016/12/13

二つの“2023年問題”に対応-伊木雅之・近大医学部長に聞く◆Vol.1 2016/12/7

「被災地がリーダーシップを」災害医学講座の取り組み◆岩手医大Vol.3 2016/12/5

医学生の成績、データベース化◆福井大学Vol.3 2016/12/5

「私大であっても公的な役割を果たす」◆岩手医大Vol.2 2016/11/21

臨床実習、「学生用電子カルテ」も用意◆福井大学Vol.2 2016/11/21

「教育こそ、我々大学人の使命」◆福井大学Vol.1 2016/11/13

創立120年、地域医療に貢献した歴史◆岩手医大Vol.1 2016/11/12

国際医療福祉大学、「明治以来の医学教育を変える」 2015/12/6

「地域医療のためにも大学のパワーは落とせず」◆Vol.3 2015/11/11

医師4年目、高齢化率50%の地区で診療所長◆鹿児島大Vol.2 2015/11/10

地域枠の学生、へき地の公立病院で実習◆鹿児島大Vol.1 2015/11/9