m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>大学勤務医の満足度、大学院生と助教で低く

大学勤務医の満足度、大学院生と助教で低く

医学部長病院長会議、「博士号より専門医」の傾向も

2017年3月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医学部長病院長会議が実施した「大学病院勤務医のキャリアデベロップメントに関する意識と実態調査」の結果、「仕事のやりがい」や「職場の居心地や雰囲気」などの満足度や、「次世代の教育をする機会」を重要視する傾向は、講師以上の医師の方が、大学院生や助教よりも高いなど、職位別で仕事に対する意識に差が見られることが明らかとなった。一方で、これらの意識は男性医師と女性医師との間で、明らかな差は認められなかった。男女とも、「博士号取得」よりも「専門医資格の取得・維持」を重要視する医師が多いことも示された。3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

日病「医師の働き方改革」、1年後目途に方向性 2017/6/26

女性医師支援、「ゆったり」「しっかり」-勤医協札幌病院◆Vol.1 2017/6/25

「一人前の心臓外科医」を養成するには?-田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科... 2017/5/6

手術だけでなくシステムにも革新を-田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長◆... 2017/5/1

卒後5年目で大学を離れて、海外留学へ-田端実・東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部... 2017/4/24

「医師主導の管理型」の医療から脱却を-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.6 2017/4/22

手術時間、7割程度は「労働」にあらず-天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.3 2017/4/17

「後悔するよ」の言葉で勇気、常勤復帰-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.5 2017/4/15

心臓外科、「3000例」が一人前の節目-天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.2 2017/4/9

子育て時代は非常勤医、「不安と葛藤」-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.4 2017/4/8

医師はしっかり働き、社会に還元せよ-天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.1 2017/4/5

「スタッフ教育」は医師のため-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.3 2017/4/2

“ハイスペック”職員が医師をサポート-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.2 2017/3/25

多様な疾患を診る開業医の現実-坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.1 2017/3/20

大学勤務医の満足度、大学院生と助教で低く 2017/3/19

女性の労働力は男性の0.8、「悲しかった」-大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.5 2017/3/19

「立ち去り型サボタージュ」回避の方策を-大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.4 2017/3/13

「複数主治医制と交替勤務制」のニーズ高く-大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.3 2017/3/9

「育休明け、元の職場に復帰」がカギ-大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.2 2017/3/3

大学医局に属さず、勤務先を選択-大阪赤十字病院・坂本晴子氏◆Vol.1 2017/2/26