m3.com トップ>医療維新>レポート|新たな医療の...>ビジョン検討会、最終報告は持ち越し

ビジョン検討会、最終報告は持ち越し

次回を目指し調整、4月にずれ込む可能性も

2017年3月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授)の第14回会議が3月17日に開催され、同日に最終報告が公表される見通しもあったが、次回以降に持ち越された(資料は、厚労省のホームページ)。当初は今年度内の取りまとめの予定だったが、構成員の日程調整もあり、「4月初めになる可能性もある。次回会議でまとめたいというのが座長の意向」(厚労省医政局)。17日は、報告書案を基に議論。構成員から出た意見を基に、引き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事