m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|医師の働き方...>「スタッフ教育」は医師のため - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.3

「スタッフ教育」は医師のため - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.3

【現状編】勤務医時代の経験、開業に生かす

2017年4月2日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――スキルが高い看護師や医療クラークはどのように採用、トレーニングするのでしょうか。循環器系の医療機関の勤務経験を重視されるのですか。開業前に、私と同じ病院で働いていた看護師もいますが、循環器のスペシャリストではありません。OJTでのトレーニングを今でも続けています。例えば、ACSの患者さんが来た時には、「この人、もっと早く送れたんじゃないか」などと、皆で必ず振り返りをします。必要に応じて、医療クラークも呼んで、「連携が足りなかったのか」などと検討を重ね、次に生かすのです。「ドア・トゥー・ドア(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4