m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|医師の働き方...>「医師主導の管理型」の医療から脱却を - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.6

「医師主導の管理型」の医療から脱却を - 坂根みち子・坂根Mクリニック院長◆Vol.6

【提言編】新専門医制、強く再考を求めたい

2017年4月22日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――勤務医として、また育児と家事をしながら仕事を続けてきた女性医師として、さらに現在は開業医という経営者の立場として、医師および医療者の勤務環境についてのお考えを改めてお聞かせください。私は勤務医時代、医師不足だとは思っていても、仕事の2割程度は効率化できると思っていました。例えば、以前は電子化されていなかったので、X線撮影すれば、そのフィルムを探しに行ったり、指導医や他科にコンサルテーションを求める際も、その先生の居場所を探すところから始まります。今では違いますが、私が大学病院に勤務していた1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4