m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>心臓外科、「3000例」が一人前の節目 - 天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.2

心臓外科、「3000例」が一人前の節目 - 天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.2

働き方改革以前に医師養成の検討を

2017年4月9日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――働き方改革というと、時間外労働にばかり目が行きがちですが、いかに医師としての資質を磨くかについての議論があまりなされていないようにも思います。その通り。まずどんな学生に医学部を目指してほしいのか、入試の段階からきちんと考える必要がある。単に高校の成績がいいから医学部に入学するのではなく、かなり明確な動機を持っていないと、医学部の6年間、さらにはその後の医師人生も乗り切れない。高校での社会活動なども評価して、医師としての素養を見極めることが必要。平均寿命は長くなり、現役として働ける時間も延びて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

働き方改革「大学病院の特性に理解を」 2017/11/14

四病協調査「宿日直許可得ず」19%、「36協定なし」15% 2017/11/11

医師が望むのは「完全休日」、そのためには増員 2017/11/10

三保連「診療報酬マイナス改定に強く反対」 2017/11/7

三保連シンポ、「働き方改革には財源」 2017/10/31

四病協、勤務環境調査結果を厚労省検討会に提示へ 2017/10/28

新潟市民病院院長を労基法違反で刑事告発、受理される 2017/10/26

新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ 2017/10/24

現状のまま上限規制では「有名無実に」 2017/10/23

上限規制で「手術、年4000件を半減する必要」の病院も 2017/10/18

大学医師、長時間労働の原因は「診療外業務」 2017/9/25

「医師は労働者」は自明、「高プロ」も対象外 2017/9/21

医師の働き方改革、「究極的には医療産業改革」 2017/9/20

「医療が壊れるか、勤務医が壊れるか」 2017/9/11

「医師の過重労働規制、焦眉の課題」 2017/9/4

鹿児島の男性医師、解雇無効求め病院提訴 2017/9/2

産婦人科医の過労自死を受けて声明、学会・医会 2017/8/15

産婦人科後期研修医の自死、労災認定 2017/8/10

新潟県立病院の勤務医、長時間労働調査に疑問 2017/8/8

新潟県立病院の勤務医「時間外勤務80時間超」は17人 2017/8/4