m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>手術時間、7割程度は「労働」にあらず - 天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.3

手術時間、7割程度は「労働」にあらず - 天野篤・順天堂医院院長に聞く◆Vol.3

「“化石”と言われても厳しいスタイル貫く」

2017年4月17日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――結局、医師の働き方改革は、「仕事とは何か」という話にもつながってくるかと思います。私は、おいしいものを食べたり、ゴルフをしたりするのが好き。そして、眠い時には寝る。私にとっての手術は、それと一緒。内科系でも、研究が大好きな先生は、研究に終日没頭したり、研究論文を調べ、あっという前に総説を書いたりもしている。外科医は、手術をやっている時間のうち、7割程度は、「仕事している」とは思っていないだろう。自分を高めるための時間、向学心を満たすための時間と考えている。手術時間が6時間だったら、労働時間と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

厚労省「静脈路確保」検査技師らに移管目指す 2020/2/20

「大学と言えるのか」無給医実態調査で医師ユニオン代表 2020/2/7

「都市部での急性期病院の集約化」を提言、全医連 2020/1/28

技師・技士による静脈路確保は可能か、看護師からは慎重意見 2020/1/21

兼業規制、8割の病院が「宿日直の維持困難」と回答 2020/1/14

「B、C水準」指定の仕組み等、議論は越年 2019/12/26

タスク・シフト/シェア、是非や責任の所在で意見分かれる 2019/12/26

働き方「評価機能」試行、病院は「準備が手間」 2019/12/4

複数医療機関で勤務する医師の管理、責任はどこが? 2019/12/3

在院時間管理62.2%が導入済み、厚労省調査 2019/11/28

特定行為導入で医師から看護師への指示3分の1以下に 2019/11/21

「医師以外に移管可能業務」、2019年中に取りまとめ 2019/11/21

厚労省、193業務はタスク・シフト可能 2019/11/11

働き方改革の評価、構成員が病院名公表に難色 2019/11/7

“燃え尽き症候群”、世界各国の共通課題、ICPCMが東京で会議 2019/11/5

研修医に「年1860時間」時間外特例認める根拠は何か? 2019/11/4

医師以外への移管可能業務、年内に取りまとめへ 2019/10/24

悪質な労基法違反病院は960時間以上認めず 2019/10/3

「自分が落ち着くため出勤」それがいけない-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol.3 2019/9/29

「じゃあ何かい?オペ中に手を下ろすのかい?」-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol... 2019/9/23