m3.com トップ>医療維新>レポート|AIが切り拓...>副作用を迅速にチェック、「薬のビックデータ」

副作用を迅速にチェック、「薬のビックデータ」

PMDA、2018年度から450万人規模でスタート

2017年4月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


医薬品の副作用の評価をはじめ、市販後の安全性監視やリスク・ベネフィット評価などに活用できる大規模の「医療情報データベース」(MID-NET;MedicalInformationDatabaseNetwork)の2018年度からの本格稼働があと1年に迫り、その概要が見えてきた。MID-NETは、PMDA(医薬品医療機器総合機構)が、全国10拠点、23病院の協力を得て構築を進めているデータベース。2011年度から準備を始めた。既に患者400万人分の電子カルテデータ、レセプトデータ、DPCデータなどを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事